プロフィール記事で圧倒的に差別化する3つの戦略

目安時間:約 6分

プロフィール記事で圧倒的に差別化する3つの戦略とは?

 

簡単に一言でお伝えすると

 

「記憶に残るエピソードを伝えることです。」

 

人生、20年、30年、40年以上と生きて来たら、

1人1人色んな人生があり全く同じ人生を歩んでいる方はいません。

 

なので、いかに記憶に残るエピソードを入れるかが鍵です。

つかみで注意を惹き続きを読みたくさせる

文章において一番最初の冒頭のつかみで続きが読みたく

ならなければもうすぐに離脱されてしまいます。

 

 

例えば、

 

「こんにちは^^。エンタメです。

今日はいい天気ですね。

こんな日はのんびり日向ぼっこでも

したいです。」

 

 

上記のような冒頭の文章って意外とやりがちです。

 

 

全く続きを読みたくなりませんし、

誰でも書ける何の変哲もない文章ですよね。

 

 

特にプロフィール記事の場合は、

記憶に残ったりインパクトがないと

最新記事も読んでもらえないのでしっかり戦略を

練る必要があります。

 

 

「実は今朝奥さんと大喧嘩しました!」

 

かなり極端ですが面白いですよね。

 

プロフィール記事でこんなことを

書いている人はいませんので冒頭で続きが気になることを

書くのも1つのテクニックです。

 

 

正解は1つではないので、

続きが読みたくなるつかみならOKです。

 

共感するようなエピソードを入れる

 

私の場合はリストラをきっかけにネットビジネスを初めて

生計を立てられるようになり、今では家族4人楽しく過ごしている

というようなことを書くことも可能です。

 

ですが、成果を出していないと書けないですよね。

 

 

なので、成果がまだない場合は、

あなたがどういう人物なのか詳しく記載すると効果的です。

 

 

  • 毎日育児に奮闘している。
  • 朝から晩までブラック企業で仕事をしている。
  • バツイチ子持ちで頑張っている。
  • 子供が生まれたばかりで更に頑張ろうとしている。
  • 子供の成績が悪くて悩んでいる。
  • 夫婦仲が悪くて悩んでいる。
  • 結婚出来なくて悩んでいる。
  • 給料が安くて悩んでいる。

 

 

人はあなたとの共通点を必ず探します。

たくさんのエピソードを伝える必要はありません。

 

 

1つの強烈なエピソードを膨らませてストーリー風に

伝えると面白いプロフィール記事を書くことも可能です。

 

この人からの情報をもっとほしいと感じてもらう

 

最後に何か宣言したりプロ意識を持って活動している人ほど、

本気度を感じます。

 

 

実績の有無に限らず文章を読めばこの人は、

本気なのか適当に活動しているのかすぐわかります。

 

プロフィール記事を読んで次のアクションを

起こしたくなるように、プロフィール記事内で

次何をしてほしいのか明確にすると効果的です。

 

 

例えば、一番反応が良かった記事があるなら

その記事へ誘導する。

 

 

たくさんの記事を読んでもらいたいなら目次を作って

目次に誘導する。

 

 

メルマガに登録してもらいたいなら

メルマガの紹介ページへ誘導する。

 

 

誘導する目的によってプロフィールの内容も変わりますが、

ただ、プロフィール記事を書いて終わりにはしないことです。

 

 

必ずプロフィール記事を読んだ人が次のアクションを

起こしたくなるようにプロフィール記事を書くと非常に

効果的ですね。

 

まとめ

 

プロフィール記事で圧倒的に差別化する3つの戦略とは、

 

つまり

 

「他の人と同じような当たり障りのないプロフィール記事ではなく、

読んだら何か共感するような情報があり、次のアクションを起こしたく

なる記憶に残るようなプロフィール記事を書くということです。」

 

 

文章だけだと物足りなさを感じるしインパクトもあまり

出ないので動画、音声、画像を上手く有効活用するといいですよね。

 

 

あっちなみにこちらに登録すると更に詳しい

100万円稼ぐ秘訣やブログ運営の極意をこっそり公開中です。

 

↓ ↓ ↓

 

「100万円稼ぐ秘訣やブログ運営の極意の詳細はこちら。」

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
最近の投稿
人気の記事
メニュー
カテゴリー
ブログ内を検索

ページの先頭へ