記事作成で絶対に失敗しない3つの秘訣

目安時間:約 5分

記事作成って継続していくのは大変ですが、

コツを掴めば20分で書けるようになりますし、

アクセスもグングンアップして反応がアップします。

 

では、どうすれば記事作成で失敗せずに

反応が取れるようになるのか?

 

記事作成で絶対に失敗しない3つの秘訣を

お伝えします。

動画では記事でお伝えしていない秘訣もこっそり公開しています。

↓ ↓ ↓

不特定多数ではなくターゲットを絞って伝える

記事を書いている9割の方は不特定多数に向けて

記事を書いています。

 

そうするとどうなるのか?

 

「みんな記事読んで~!」と言っているようなものです。

 

あなたは読みたいと感じますか?

感じないですよね。

 

ですが、ターゲットを絞って記事を書くと一気に

「あれ!?私のことかな?」と感じて

反応がグンっとアップします。

 

例えば、

 

「新型コロナウイルスの影響で収入が減りお困りのあなたへ」

 

と書かれていたらどうでしょうか?

 

ドキッとしませんか?

 

こんな風にターゲットを絞るように

記事を書くと効果的になります。

 

記事冒頭で続きを読みたくなるように工夫する

記事はあなたが考えている以上に実は、

読まれていません。

 

最新記事をクリックされたとしても最後まで

全員が読んでいるわけではありません。

 

記事冒頭で続きを読みたいと感じなければ、

3秒で閉じられてしまうのです。

 

だからこそ、

 

記事冒頭は非常に重要であり続きを読みたくなるような

工夫が必要不可欠になります。

 

1つのテクニックとして疑問を投げかけて、

回答を記事の本文で詳しく伝えるのもいいですね。

 

見やすさ読みやすさわかりやすさを重視する

見にくくて読みにくくてわかりにくい記事は、

一番最悪ですよね。

 

ですが、気が付かない内に実は初心者さんほど、

やってしまいがちです。

 

もし、ブログのアクセスが30未満なら全然記事を

読んでもらえていないと考えるべきです。

 

では、どうすれば

 

  • 見やすく
  • 読みやすく
  • わかりやすい

 

記事になるのか?

 

コツは適度な改行を入れたりリズムを変えたり

情報を絞って明瞭完結に伝えることです。

 

一番個性を出してわかりやすさを追求するなら、

あなたにしか伝えられない事例を取り入れることです。

 

特に、実体験に基づく事例は説得力があり

わかりやすい記事になります。

 

 

意識としては小学5年生でも理解出来るように

わかりやすさを意識して書くと効果的です。

 

まとめ

記事作成で絶対に失敗しない3つの秘訣とは

 

つまり

 

「ターゲットを明確に絞り、記事冒頭で続きを読みたく

なるように工夫し、小学5年生でも理解出来るように

見やすく読みやすくわかりやすさを意識して書く

ということです。」

 

 

あっ更に記事の書き方やコピーライティングのテクニックについて、

実は以下に登録された方にこっそりお伝えしています。

実例もたくさん公開しているので未登録の場合は今すぐ登録して下さい。

 

↓ ↓ ↓

 

「記事の書き方やコピーライティングのテクニックの実践的な情報はこちら」

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. ゆうはるかい より:

    凄いですね、フォロワーもたくさん居て記事も素晴らしいし。僕はまだ始めたばかりでターゲットもおらず雑記ブログにしていますが今後どうすれば良いか迷っています。というのもターゲット絞るほど精通していることが無いから雑記にしています。また精通していることは卓球であったりするのでアフィリエイトとしては向かないなどあります。難しいです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
最近の投稿
人気の記事
メニュー
カテゴリー
ブログ内を検索

ページの先頭へ