記事の書き方をテンプレート化し反応をアップさせる3つの秘訣

目安時間:約 4分

記事の書き方をテンプレート化すると

書くスピードもはやくなりますし、

訪問者の方にも伝えたいことをわかりやすく

伝えることが可能になります。

 

あなたはいつも記事をどう書けばいいのか

悩んでいませんか?

 

記事の書き方をテンプレート化し

反応をアップさせる3つの秘訣をお伝えします。

動画では記事でお伝えしていない秘訣もこっそり公開しています。

↓ ↓ ↓

伝えたいことを絞る

1記事で伝えたいことを10個とかたくさん入れると

何が重要なのかわかりにくくなり結果的に伝えたいことが、

伝わりません。

 

なので、伝えたいことはある程度絞ることを

おすすめします。

 

コツとしては、3個、5個、多くても7個以内に

おさめるとわかりやすいですね。

 

そして、なるべくテーマを決めて伝えると効果的です。

浅く広い情報より狭く濃い情報の方が差別化しやすいですし、

記事の質も高くなります。

 

記事の流れを最初に決めておく

例えば

 

いきなり結論を伝えてから詳しい説明をしたり、

疑問形にしてから最後に結論を伝えたりと

記事の流れを最初に決めておくとスラスラ書けるようになります。

 

大事なのは記事は長くなればなるほど伝えたいことが

わかりにくくなるので、必ず「結論」は記事の中に

入れるということです。

 

結論があることでビシッと文章が締まりますし、

わかりやすくなります。

 

目的意識を明確にして記事を書く

漠然と記事を書いていてもまず反応を得ることは

難しいですよね。

 

ですが、目的意識が明確だと記事の反応もグンっと

アップします。

 

例えば、レビュー記事に誘導する記事なら、

その情報に興味を持ってもらえる情報を伝えるべきですし、

メルマガLPに誘導するならもっと価値ある情報が

知りたくなるように記事を書くと効果的です。

 

色んなテクニックがありますが、

1つのテクニックとしてはブログでは抽象度を上げて

メルマガ登録者には更に実践的な情報を伝える。

 

こんな風にするだけでも反応は変わります。

 

まとめ

記事の書き方をテンプレート化し反応をアップさせる

3つの秘訣とは

 

つまり

 

「伝えたいことを最初に7個以内に絞り記事の流れを

いくつかテンプレート化して決めておき、目的意識を明確にして

記事を書くということです。」

 

 

あっ更に私自身がどうやって日々文章を書いているのか

裏側を暴露した情報を実はこっそり公開しています。

 

こちらに今すぐ登録してゲットして下さいね。

 

↓ ↓ ↓

 

「人を動かくテクニック満載の文章の書き方の秘密はこちら」

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
最近の投稿
人気の記事
メニュー
カテゴリー
ブログ内を検索

ページの先頭へ