超速で結果を出すためにPDCAを活用する3つの秘訣

目安時間:約 6分

超速で結果を出そうと考えた場合、

漠然と作業をしていてもまず納得するような

結果を出すことはできません。

 

では、どうすればいいのか?

 

リアルの仕事場でも活用されているPDCAを

使うと効果的です。

 

PDCAとは以下の意味です。

 

  • Plan=計画
  • DO=実行
  • Cheak=評価
  • Action=改善

動画では記事でお伝えしていない秘訣もこっそり公開しています。

↓ ↓ ↓

時間を極力無駄にしない計画を立てる

時間は無限のようで実は無限ではなく、

1日は24時間しかありません。

 

「時は金なり」という言葉があるように

時間の使い方1つであなたが得られる収益も

大きく変わります。

 

なので、

 

計画を立てる時はなるべく細分化すると効果的です。

 

 

例えば

 

  • 1ヶ月で何をするのか全て数値化させる
  • 1週間の作業予定を決める
  • 1日の作業予定を決める

 

会社なら1年、3年、5年先の計画を立てる必要が

ありますが個人ならまず1ヶ月の予定をしっかり立てるべきです。

 

 

なぜなら

 

「1ヶ月漠然と過ごしてしまう方が非常に多いですし、

少し先の予定の方がやるべきことを明確化して時短にも

行動力アップにもつながるためです。」

 

PCの前にいる時は頭を使う手を動かす作業を実施して、

移動中やスキマ時間に音声学習やリサーチなど

スマホでも出来ることをやると大幅に時間短縮につながります。

 

即実行出来ることを複数明確にしておく

人は基本怠け者なので面倒なことほど後回しにします。

 

 

セールスレターの作成をしようとした場合、

何から手を付けていいかわからずリサーチで1ヶ月

過ぎてしまう方もいます。

 

ですが、

 

1週間毎にパーツを区切って計画を立てると

1ヶ月でセールスレター作成をすることも可能です。

 

  • ブログ運営にしても1ヶ月で何記事更新するのか?
  • アクセスアップの作業は何をどのくらいするのか?
  • ステップメールは何通作成するのか?

 

 

全て目標数値を明確化しておくことで1日の最低ノルマを

把握することが可能です。

 

 

例えば、1ヶ月で30記事更新すると目標を決めたら

1日1記事更新する必要があります。

 

アクセスアップの作業も1ヶ月で150件やると

決めたら1日コメントまわり5件やる必要があります。

 

1ヶ月で考えるとちょっと大変な目標でも、

1週間、1日単位で考えると十分達成可能な

作業量に感じます。

 

数字をチェックしながらテストを繰り返す

テストと改善はすっごく大事です。

 

例えば、メルマガ紹介ページを作成した場合、

作成して終わりではなく必ずテストが必要です。

 

100アクセス集めて何人登録されたのか?

5人なら登録率5%です。

 

同じ労力なら登録率は高ければ高い方がいいです。

登録率20%なら100アクセスで20人登録になります。

 

 

登録率が低ければヘッドコピーや登録特典などを

修正する必要が出てきます。

 

テストを繰り返しながら改善していくと、

あなたの目標としている数字を達成することに

つながります。

 

ブログでもどういう記事が人気なのかチェックすることで、

需要の高い記事ネタがわかります。

 

10記事投稿してどの記事に一番アクセスが

集まっているのか?

 

検証しないとわからないですし漠然と

何も考えずに記事更新をしていては

時間と労力がもったいないわけです。

 

まとめ

超速で結果を出すためにPDCAを活用する3つの秘訣とは

 

つまり

 

「1ヶ月の計画をしっかり立てて達成するために

1週間毎に1日毎に細分化してやるべきことを数値化して

明確にしてテストと改善を繰り返しながら行動を起こしていく

ということです。」

 

あっ実際に私の生徒さんが初報酬を出した方から

感想を頂いていますので参考にしてみて下さいね。

 

成果を出す人の思考や行動力がわかります。

 

↓ ↓ ↓

 

コンサルをして最速で初報酬の成果を出して頂く3つの秘訣

カテゴリ:マインド  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
最近の投稿
人気の記事
メニュー
カテゴリー
ブログ内を検索

ページの先頭へ