セールスをする上で絶対にやってはいけない3つの間違い

目安時間:約 5分

セールスをする上で絶対にやってはいけない3つの間違いとは?

 

セールスをする時ってついついやってしまいがちな

間違いがありますがあなたは何かわかりますか?

 

 

お客さんの時はされて嫌に感じることでも、

実際に売る側にまわるとついついやってしまうことが

あります。

3つの間違いをお伝えするので、

ぜひあなたがセールスする時に参考にして下さいね。

 

 

いきなりセールスしてしまう

 

新商品の情報が入った場合、すぐに紹介したくなるので、

何の準備もなくセールスしてしまう人はとっても多いです。

 

でもですね。

 

無料案件ならまだいきなりでも成約は取れますが、

有料案件だといきなりセールスしてもまず成約を

取ることは困難です。

 

 

特に、1万円を超える案件だとセールスする前に

しっかり戦略を考えて準備する必要があります。

 

 

セールスする商品の紹介する日を予め決めておいて、

予告をしたり、セールスする商品の関連情報を伝えておくと

効果的ですね。

 

 

浅く広く説明している

 

商品を浅く広く説明していて、販売ページに記載してある情報の

要約のみになっている人って実はかなり多いです。

 

しかも、それが正解だと考えて紹介しているので、

本人も間違いに気がついていないケースが圧倒的に多いです。

 

 

どんな商品も浅く広く説明しても、販売ページの要約だけでは、

まず誰も購入はしてくれないと考えて下さい。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

誰よりも狭く深く紹介すると効果的ですし、

一番いいのは、実際に実践したり使用してのレビューが

最強ですし成約率アップにつながります。

 

不特定多数に向けてセールスしている

 

何か商品を紹介する時は必ずターゲット設定を

する必要があります。

 

 

あなたは不特定多数に向けてセールスをしていませんか?

 

たくさんの人に向けてセールスすれば多くの人が

反応して商品を購入してくれると勘違いをしてしまいます。

 

ですが、

 

実際には不特定多数に向けてセールスをすればするほど、

誰1人として自分のこととして認識してくれないので、

誰も購入してくれないという結果になると考えて下さい。

 

 

コツはターゲット設定をなるべく具体的にして、

セールスすることですね。

 

 

極端なことを言えばターゲットを1人に絞ってセールスすると

非常に高い成約率を出すことも可能です。

 

まとめ

 

セールスする時のコツは、

 

つまり

 

「セールスする前にしっかり戦略を練って準備をし、

あなたから購入する強烈な理由や本音レビューを伝え、

ターゲット設定を具体的にやると効果的だということです。」

 

 

あっこちらもあわせて確認すると、

セールスをする上での大きなヒントにもつながります。

 

↓ ↓ ↓

 

「コピーライティングだけ学習しても稼げない5つの理由」

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
最近の投稿
人気の記事
メニュー
カテゴリー
ブログ内を検索

ページの先頭へ